合同テストフライト 2017/8/9

8月5日(土)に笠岡ふれあい空港にて立命館大学飛行機研究会RAPTさんと合同テストフライトを行いました。台風が接近していましたが距離が離れていたので決行しました。



 私たちは午前3時半に空港に到着しました。周りはまだ暗く北向きの風が常に3m/sから5m/sととても強い状態だったのでしばらく様子を見ることにしました。
 そして、周りが明るくなってきた5時半から風はとても強かったものの風に対する注意を再確認し、強風での取り扱い練習を兼ねて組み立てをしました。


 風と闘いながら行ったのでとても大変でした。しかし、組み立て時間は25分と悪条件の中にしては早く組み立てることができました。


 6時過ぎからフライトを開始しました。残念ながら強風であった為パイロットの操縦練習や、回転数、プロペラピッチ、エレベーターの調整ができなかったのですが大会を想定した強風時の機体の取り扱い方の練習になりました。
 今回、立命館大学飛行機研究会RAPTさんは悪天候の為、テストフライトを中止となってしまいましたが私たちのフライトを見学していただきました。このテストフライトで悪条件の中でどう行動すべきなのか、風にどう対処するのかなどたくさんのことを学びました。チームとしても成長できたテストフライトだったと思います。 このような合同テストフライトを企画していただきありがとうございました。

お問い合わせ

〒535-8585
大阪市旭区大宮5丁目16-1

Mail

このサイトは大阪工業大学の公式ページではありません。大阪工業大学人力飛行機プロジェクトが責任をもって管理しています。