歴史




人力飛行機プロジェクトの歴史

2008年に航空部の鳥人間班として滑空機フォーミュラ部門で優勝。 同年、人力飛行機プロジェクトとして独立し人力プロペラ機の設計製作を開始。 大会中止や書類審査不合格などを経て、2012年に「1枚ブレードプロペラ機」でディスタンス部門に初出を果たす。 この大会では525mのフライトに成功し、サポーター賞を受賞している。
その後も機体の性能向上を続け、3回目の出場となる2014年大会では強風の中1406mを飛び暫定記録2位となった。 この大会では1枚ブレードプロペラのシステムについて評価を得て審査員特別賞を受賞している。 さらに2015年は5368mを飛行し、3位入賞を果たした。プロジェクトを設立して10年。今後も機体の性能向上や改良を続け、さらなる大飛行をめざし日々活動している。

これまでの大会成績

年代 開催回  飛行距離 パイロット 備考
 2019年  42回    髙尾俊哉  台風の為フライト無し
 2018年  41回 111.83m  髙尾俊哉  台風の為大会不成立
 2016年  39回 475.22m  酒井一真  
 2015年  38回 5368.97m  酒井一真  第3位入賞
 2014年  37回 1406.17m  酒井一真  審査員特別賞受賞
 2013年  36回 197.97m  小西優大  
 2012年  35回 525.89m  アルヒンディ・ヤシール  サポーター賞受賞
    

TOPに戻る