人力飛行機プロジェクト
大阪工業大学人力飛行機プロジェクトは人力飛行機の研究を目的とした
大阪工業大学のプロジェクトチームです。 研究成果を発表する場として
読売テレビ主催の鳥人間コンテストのプロペラ機ディスタンス部門に挑戦しています。

大阪工業大学人力飛行機プロジェクトの歴史


大阪工業大学は、航空部の鳥人間班として2008年に滑空機フォーミュラ部門で優勝。
その年に人力飛行機プロジェクトとして独立し、人力プロペラ機の設計製作を始めました。
大会中止や書類審査不合格などを経て、2012年に「1枚ブレードプロペラ機」でディスタンス部門に初出場し525mのフライトに成功。サポーター賞をいただきました。

その後も1枚ブレードプロペラのシステムを改良を続け、機体の性能向上も続き
3回目の出場となる2014年は強風荒れ狂う中、大会で2番目の暫定記録1406mを飛び
1枚ブレードプロペラのシステムを評価していただき審査員特別賞を受賞しました。
2015年は5368mを飛行し、3位入賞を果たしました。
翼の精度向上、プロペラらの改良などを続け、さらなる大飛行が出来るよう頑張っています。

日々更新中!

迎角測定

1月

迎角測定をおこないました


<クリックして詳しく見る>

秋季PHA交流会

8月30日

大工大にてPHA交流会を行いました!


<クリックして詳しく見る>

合同フライトテスト

8月9日

立命館大学と合同テストフライトを行いました。


<クリックして詳しく見る>

翼制作

1月22日

一年生を含めて、翼の制作をしました。


<クリックして詳しく見る>

お問い合わせ

〒535-8585
大阪市旭区大宮5丁目16-1

Mail:oit.hpa.birdman@gmail.com

このサイトは大阪工業大学の公式ページではありません。大阪工業大学人力飛行機プロジェクトが責任をもって管理しています。